卵の色や形

小林農園では緑餌をたくさん与えるので、黄身の色は「濃いオレンジ」ではなく「レモンイエロー」です。緑餌にはキサントフィルという黄色の色素成分が含まれており、これが卵黄に移行するためです。一般に流通している卵と比べると色が薄く感じられるかもしれません。黄身の色を濃いオレンジにしたければ、パプリカの粉末やマリーゴールド系の着色料を与えればいいのですが、これらは「着色用」として販売されている添加物です。卵の色調整の為だけに余計なものは食べさせません。

卵の色は食べたもので決まります

卵は正直者

鶏が米を食べ続けると卵の黄身は白くなり、黒い色素を食べ続けると黒くなります。小林農園の卵も、タンポポの生える季節には「濃いめのレモンイエロー」になり、秋から冬にかけてかぼちゃを与える季節には「かぼちゃ色のイエロー」になります。

色の濃い卵は味も濃いですか?

「黄身の色の濃さ」イコール「味の濃さ・栄養価の高さ」であるかのような、イメージを消費者に与えている広告を目にします。日本では、黄身の色が濃い卵を「おいしそう」「栄養がありそう」と思う文化が広がり、養鶏業界では色を濃くする努力が当たり前になっています。ほどんどの配合飼料にも黄身の色を濃くするための成分が配合されています。もちろん、黄身の色が濃くて味も濃い卵もあるとは思いますが、味と関係のある色でしょうか?

色の濃い卵は味も濃いですか?

夏の暑い日は35度近くまで気温が上がり、冬になるとマイナス25度なんて日も珍しくありません。過酷な自然環境の中でも鶏たちは元気に動き回っています。

冬になるとマイナス25度なんて珍しくありません

季節による違い

夏の卵は少し水っぽく感じることがあるかもしれません。暑い日は、人間と同じく鶏も水をたくさん飲むので、白身の水分量が増えるためです。反対に冬は体温を下げないように水をあまり飲みません。寒い時期に産まれる卵の方が白身の弾力が強い傾向にあります。こんもりと盛り上がっている卵がありましたら「北海道は寒いんだな」と想像してみてください。

個体による違い

栄養バランスを考えながら餌を自家配合して与えていますが、せっかく考えた配合を無視して好きなものばかり食べる鶏もいます。魚粉をたくさん食べた鶏の卵には魚臭さが移る場合があります。少し魚の匂いがする卵がありましたら、好き嫌いをしている鶏の姿を思い浮かべて笑って食べて頂けたら幸いです。

魚粉をたくさん食べた鶏

若い鶏から少し歳をとった鶏まで、幅広い日齢の鶏が暮らしています。若い鶏は小さくてきめ細かい殻の卵を産みます。日齢を重ねると卵が大きくなり、殻の色が薄くなる傾向にあります。

模様つき卵

そばかすなんて!

はい、気にしません。正確にはそばかすではありませんが、殻に斑点のような模様が出る場合があります。白身や黄身に影響はないので、殻に模様があってもなくても同じ卵として扱っています。ちなみに、どういうわけか同じ鶏が「模様つき卵」を産みます。きっと強烈に個性をアピールしているのでしょう。

いろいろなサイズ

鶏卵の取引規格に沿って、MSサイズ~LLサイズを均等になるように販売しています。産み始めたばかりの若鶏の小さな卵や、LL以上の大きな卵は別の商品として販売していますので通常商品には含まれません。

小林農園の平飼い卵

地方発送承ります

オンラインショップはクレジットカード決済やコンビニ払い、代金引換などお支払方法が選べます。贈り物にもぜひご利用ください。