餌について

緑餌と自家配合飼料で育ちます。薬剤は使いません。

青草をもりもり食べています

平飼いで育て、自家配合飼料と緑餌(青草)をたくさん与え、薬剤を一切使用せずになるべく自然に近い状態で鶏を飼うという考え方を「自然養鶏」といいます。
この自然養鶏でとくに重要視している緑餌は、ビタミンや食物繊維の宝庫です。
小林農園では無農薬の牧草や季節の野草をふんだんに与えています。
雪の降る冬には、山の笹や地域で手に入る野菜屑を与えます。緑餌の他にも、北海道内で手に入るものを組み合わせて配合しています。

市販の配合飼料や輸入飼料は、遺伝子組み換えやポストハーベスト(収穫後使用される農薬)の心配があるので使用していません。また、抗生物質やホルモン剤などの化学物質も与えていません。

これらを自家配合しています


緑餌
自家栽培



北海道産
(ほぼ厚真町産)


米ぬか
北海道産
(ほぼ厚真町産)


魚粉
北海道羽幌町産
(無添加)


ホタテ殻
北海道産


貝化石
北海道黒松内町産

毎日草刈りをしています

一般的な大規模養鶏場では入手に手間がかかるため緑餌はあまり与えないでしょう。

緑餌は鶏が本能的に欲するものであり、鶏の血液を弱アルカリ性に保ち、卵のツヤやハリ、味の深み、生命力につながる大変重要なエサであると考えています。

また、「干し草」では意味が無いので、刈り溜めせずに毎日刈りたての新鮮なものを与えています。鶏たちにも好みがあるようで、よく観察して食いつきのいい緑餌を与えるようにしています。

野菜もまるごと

狭いケージで飼われる養鶏場の場合、ストレスから、お互いをつつきあって傷つけてしまう事を防止するため、ヒヨコの時にクチバシの先の鋭い部分を切ってしまうことが多いのですが、小林農園ではクチバシを切っていないため硬いものでも丸ごと食べることができます。かぼちゃやにんじんなどを皮がついたまま、丸ごとつついて食べています。

オンラインショップ