平飼いとは

平飼いとは

「平飼い(ひらがい)」とは、鶏を平たい地面のうえで放し飼いの状態で飼育することです。鶏は本来、1日に1万回以上地面を突き、羽をきれいにするために砂浴びをします。狭い巣に隠れて卵を産み、木などの高いところで眠ります。こうした鶏の本能的な行動をできるだけ制限しないことにより、ストレスを抱えることなく健康に育ちます。

一般的な養鶏

日本国内では養鶏場の90%以上が、鶏をケージ(かご)に入れて飼育する「ケージ飼い」を採用しています。ウインドレスの鶏舎で小さなケージに何羽も詰め込み、最少面積で飼育します。作業効率を上げて人件費や設備費などのコストダウンを行うので、卵の大量生産・安価供給が可能です。

しかし、動きまわれない鶏たちは病気にかかりやすくなるので、抗生物質を配合した餌を与えます。卵が転がるように傾いたケージで、砂浴びも地面をつつくこともできません。ストレスで羽をむしり合っている姿も日常的にみられます。鶏の自然の姿とはかけ離れた状況で卵を産み続けます。

IMAGE

一般的なケージ飼い

ケージ飼い
  • 大量生産・安価供給できる
  • 身動きの取れない狭い空間で多数飼育
  • ストレスや運動不足により病気になりやすい
  • 抗生物質や成長促進剤を使用
  • 互いにつつき合い鶏の羽がボロボロに

小林農園の平飼い

小林農園の平飼い
  • 自由に走り回り、餌を食べ、砂浴びや日光浴ができる
  • 運動するので病気になりにくい健康な鶏になる
  • 病気になりにくいので抗生物質は使わない
  • 土地面積が必要で、手間がかかる
  • 動物の本能・習性に生産量が左右される

鶏の砂浴び

羽や皮膚についた寄生虫や汚れを落とすために、地面に穴を掘り体を土に擦り付けたり、足で器用に砂をかける行動のことを「砂浴び」といいます。砂浴びをすることによって体を清潔に保っています。鶏にとってはお風呂に入っているようなものです。

鶏の砂浴び
平飼い(屋外放し飼い)

外に出られる扉があります

鶏舎から自由に外に出られるようにしています。天気の良い日は、外に出て太陽の光を浴び、風に吹かれて気持ちよさそうに過ごしています。農園が始まって間もない頃は、鶏舎内のみで飼育していましたが、屋外へ出られるようにしてから鶏たちが以前よりも元気になったように見えます。

ほとんど放し飼い

北海道の大自然には、鶏を狙う野生動物がたくさん生息しています。柵などで囲わずに完全な放し飼いを行ってしまうと、きっと日に日に鶏が少なくなってしまうでしょう。外敵から鶏を守るため、屋外スペースに囲いをつけているので「放し飼い」や「放牧」といった表現はしていませんが、広い範囲を自由に動き回るので、実際は放し飼いなのかもしれません。

放し飼いの危険性
広い平飼い鶏舎

いくら平らな地面の上で飼育するとはいえ、狭いスペースにたくさんの鶏を詰め込んでしまっては、自由に動き回れないケージ飼いと変わりません。小林農園では1坪あたり7~8羽になるように鶏舎を設計しています。

IMAGE

過密な平飼い

過密な平飼い

小林農園の平飼い

小林農園の平飼い

オスもいるので有精卵が産まれます

鶏はメスだけでも卵を産みますが、鶏も生き物です。広いスペースでオスとメスが接触できる環境で育てた方が、生理的にも健康な状態を維持できるのではないかと考えます。小林農園では、オスも一緒に生活するので産まれる卵は有精卵です。

有精卵の表示基準である「メス100羽に対しオス5羽の割合で、自然交配が可能な飼育環境」を満たしていますが、動物ですので、受精確率は100%ではありません。

世界の養鶏事情

ケージ飼いは「バタリーケージ」と呼ばれ、スイス、スウェーデン、フィンランド、ドイツ、ベルギー、オーストリア、オランダ等ではすでに禁止され、平飼いまたはエンリッチドケージ(動き回れるケージ飼い)が義務づけられています。 ニュージーランドは2022年までにバタリーケージを廃止する方針で、アメリカでも廃止が決定している州があります。日本では一般的なケージ飼いですが、世界では禁止・規制する動きとなっています。また、EU諸国で販売されている卵は、鶏の飼育環境をパッケージ記載するなど、鶏がどのように飼育されたかを消費者が知ることができます。

地方発送承ります

オンラインショップはクレジットカード決済やコンビニ払い、代金引換などお支払方法が選べます。贈り物にもぜひご利用ください。